未分類

介護の事も考えた家

玄関から居間に入るとかなりの広さ(初畳位)で、窓側は続いて広い板のベランダになっているので広く感じる。隣りの部屋が勝さんの部屋で、電動式のベッド、廊下との仕切りの戸は部屋幅を3枚の引き戸にして、左右どちらでも開けられ2枚の引き戸幅になるので、車イスは楽に通れる。勝さんが倒れて家の中をバリアフリーに大改造したそうで、トイレ、洗面所も一緒にして広くし(坪ほど)ここも車イスが通り易いように引き戸。便器に座る時も車イスを便器の横に付けると、利き手の右手で便器の周りの壁に取り付けてある手摺に掴まり座ることが出来、洗面器は車イスのまま下に少し入るので使い易く、蛇口の金具は手前へ長く延びて、勝さんが手をのばし金具を上げれば水、下げれば止まる。右へやれば水、左へやればお湯となる。風呂場は勝さんがイスに座ると電気のスイッチで動き、天井のレルで浴槽の上に行き、下り、入浴出来るようになっている。随分とお金がかかったことだろう。でも、ここまでやれる方逮はいい。あちこちの家に行くが、車イスで移動しなければ動かせないのに、部屋の出入口、廊下と、狭くて車イス幅やっとで、そろそろと前進、後進213回くり返し、部屋やトイレに連れて行かなければならない家が多いのだ。若い内はどんな家でもいいけれど、すぐに年経ってしまう。土地に余裕があるならば老後のことを考え、ぜひ、風呂場、洗面所、トイレ、廊下、部屋の出入口は広く車イスが通り易く、動かし易くしておくべきだとつくづく考えさせられる。

一生懸命介護する様子

「9日に入浴したけれど、そのまま病院へ行けるようにシャワーをしておきましょう」とシャワーをする。奥さんが「病院へ連れて行くのに下のタクシーの所まで行けるかしら」と心配しているので、「ちょっと歩く練習をしてみます」と秀代さんに杖を持たせ靴を履かせ、玄関を出てマンションの階段を降りてみた。片手で手摺、片手に杖、体を支えるとしっかりとした足取りで歩かれ驚いた。秀代さん「玄関から外へ出たの何年振りかしら」と言うので、「秀代さんどんどん外へ出て、何でも見なくては損しますよ」。吉岡さん宅の介護最後となる。奥さんはとても残念がり、「ずっと小林さんに来て項きたかったのに」と言われたが、お正月に田舎の身、姑の面倒をみなければならないので、早目に田舎に帰りたいと思い会に申し出ておいた。吉岡さん宅二人の病人を抱えて、老齢の奥さんがへルパーとも協力して、一生懸命介護する様子を見ていて、ご自分の食事も満足に作る時間も無いのではと訪問する毎に思うこと度度。私のお節介な性分から放っておけず、自宅のおかずを作る序でに少し多目に作り持参することがあったが、こんなことは要らざるお節介駄目と分っていても、吉岡さん宅の状況を見ると、どうしてもそうせざるを得なかった。渡辺勝さん宅要介護度4昭和3年生まれ歳妻-歳脳梗塞で倒れ、左半身不随1階に渡辺さん夫婦、2階に長男夫婦の二世代住居。〈介護・{丞争複合型〉社経営者だっただけあって大きな家だ。

衣類脱着介助

秀代さん昨日、ガス故障だったので、今日シャワーをすることにしたが、私も秀代さんの世話が今週迄なので、お風呂に入れるのにどうしたら良いか試しにやってみることにする。入浴前に秀代さんに言うとイヤがるので、浴室へ行ってイス等使って浴槽へ入れようとしたら、「イスは怖いので自分で足を上げて入ります」と言われるので体を抱え足を上げてもらい浴槽へ。ちゃんと入れた。結構足が上がるのだ。そこまでは良かったが、浴槽で足を伸ばしたり、座ったりが出来ず不安定なので、「やはりシャワーがいいですね」と奥さんに言っておく。風呂場が狭いので、いろんな物を取り付けたら尚、狭くなるし、狭いのでしょっちゅうお湯を使っていれば冷えずに寒くはなさそうだ。日月日日(土)…晴れ初℃…正人さん分一秀代さん分全身清拭交換シャワー浴衣類脱着管部陰部洗浄排池介助(おむつ)衣類脱着食事介助等。掃除。洗濯正人さん昨日看護婦訪問日、折角点滴をしてもらったのに、奥さんがベッドから離れた聞に自分で針を抜き、半分しか入らなかったそうだ。何となく元気が無い。食事、飲物の量が少ないので点滴でもおとなしくしてくれるといいのだが::。0正人さんの汚れ物で洗濯物も沢山。晴れで助かる。秀代さん来週月曜日(日日)病院へ行って診察を受けると、7日、正人さんを訪問診察したお医者さんと約束したそうだが、さかんに「約束しなければ良かった」と言うので、「秀代さん1年に112回は病院で体をみてもらわなくては」と勧めた。

お風呂専門の介護士

奥さんの留守中、相変わらず手を振り回して煩いが、タオルをレンジで温め全身清拭してパジャマ交換。後エンシュアを飲ませ、掃除をしていると大きな声で「何か食べたいよ」と213回言う。自分から食べたいと言うのは珍しいことだ。入りのプリンを食べさせると「美味しい美味しい」と言いながら3分の2食べ電気カミソリで自分できれいに髭を剃った。nc秀代さん家に取り付けてあるガスの一番元の機械の故障で、家の中全部のガスが使えないので、シャワー浴は明日やることにする。0奥さんが留守で正人さんに手が掛かり、今日は秀代さんとはお話だけしか出来なかった。前日の洗濯物を取り入れたら、秀代さん自分から手を前へ出して受け取り畳んでくれた。8月末初めて訪問した頃と随分変られたと思う。曇り℃…正人さん分&全身清拭衣類脱着シツ交換φ食事介助等&排池介助(おむつ)一秀代さん分る入浴シャワー浴洗髪φ衣類脱着。掃除。洗濯正人さん昨日(水)入浴日でちゃんと入れて項いたそうだ。吉岡さんがお風呂に入るのに慣れてきたのか、お風呂のスタッフが正人さんを入浴させるのに慣れてきたのか、良かったと回刊でつ。今日はイヤに元気がない、話しかけても小さな声で「ハイ」と返事しているので、「吉岡さん我が健言ってパカ野郎が出ないと寂しいですよ」と言ってみると「何言ってんだパカ野郎」と返ってきた。おむつを見ると手で悪戯をするのかカバーが縦に大きく破れている。

訪問介護のスケジュール

昨日シャワーをして今日は寒いので清拭はょいとのこと正人さんの面倒を看ながら秀代さん退屈だろうと思い話し掛けると、るようになって、可笑しい時は「アハハハ」とよく笑われる。日月4日(土)…晴れ時々曇り幻℃…正人さん分全身清拭衣類脱着排地介助(おむつ)一秀代さん分全身清拭衣類脱着。話はよくして下さシーツ交換震。先ji翠正人さん今日は少しは機嫌が良い。昨日の祭日の分を今日看護婦さん来られるとのことで、正人さんから先に清拭。パジャマのズボンを脱がすと、おむつカバーが破れている。中パットも抜き出してベッドの上へ、おむつへのいたずらは止めないようである。看護婦さん見えられ、血圧計り、点滴が始まると相変わらず「イヤだイヤだ」と暴れはじめる。秀代さん全身清拭、着替え。今日は秀代さんが風呂釜へ入り易い為の、風呂桶の枠に取り付け掴まるようにする物や、腰掛け台式のもの等持参して業者さん来るが、釜の壁が弱かったり、釜の縁の高さが高かったり合いそうなものがない。調べて再度来ますと業者帰る。何かいいものがあれば良いが。ぶりに晴れ、助かる。洗濯物が昨日まで乾かないものから今日洗った分まで山のよう。日月8日(水)…晴れ久しぶりにからっとした晴れ……正人さん分全身清拭衣類脱着食事介助等排池介助(おむつ)…秀代さん分〉掃除。洗濯正人さん奥さんの目の具合が悪いとのことで私の訪問直後直ぐに眼科へ(私も義父の介護の時、睡眠不足とストレスからドライアイになったり、いろいろと目にもくるのでそれではないかと思う)。